パソコン

Amazonアカウント乗っ取りの手口と被害状況と防止対策とは?

投稿日:2018年3月25日 更新日:

Amazonアカウント乗っ取りの手口と被害状況

Amazonアカウント乗っ取りの手口と被害状況

先日、自分のAmazonアカウントにログインできなくなったため、Amazonに相談し、アカウントを解約しました。

私の出品者アカウントは休眠状態だったため、アカウントを乗っ取られた可能性はゼロではありません。

Amazonアカウント乗っ取りの手口と、実際に被害に遭われた方の状況と、乗っ取り防止対策についてまとめました。

スポンサーリンク

Amazonアカウント乗っ取りの手口

Amazonマーケットプレイスで発生しているアカウント乗っ取りの手口は、正規の出品者になりすまして、ありえないほどの安い価格で売れ筋商品を出品して、注文のあった商品を購入者に送ることなく代金を騙し取って、個人情報も入手するという卑劣な方法です。
 
狙われやすいのは、不審な取引があればすぐに気づくアクティブな出品者よりも、ほとんどチェックが行われていない、いわゆる休眠状態の出品者のアカウントです。
 
私は、FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用していたのですが、FBAの場合は、出品する商品をアマゾンの倉庫に納品して、お客様から注文が入ったら[Amazonから出荷]してもらう形なので無在庫販売はできません。
 
商品の販売ページで、Amazonから出荷される商品は、金額の下にprimeと記載があります。
 
騙されてしまった方は、金額の下にprimeと記載されていない、[出品者から出荷]される商品を購入しているため、支払いをしたのに商品が届かないという被害に遭うあってしまうのですね。
 
 
余談ですが、私は、アメリカのeBay(イーベイ)に日本の商品を出品して、注文が入ったら購入者に商品を発送するという、eBay輸出を行っていた時期があります。
 
eBayでは、無在庫販売は基本的に禁止されているのですが、実際には行っている方は多いです。
 
小心者の私は、どうしても無在庫販売ができなかったために、在庫を抱えてeBay輸出を撤退することになってしまったのですが、商品の仕入れのほとんどは、ヤフオクや家電量販店かAmazonでした。
 
Amazonで商品を購入する際に、最初のうちは、primeと記載されている商品なら間違いないと勝手に思い込んで購入したら、新品と書いてあるのにボロボロの商品が届いたこともありましたし、しばらく信用できなかったprimeと記載されていない商品でもきちんとしている場合が多かったです。(商品がもの凄くタバコ臭かったときは、もう2度とprimeと記載されていない商品は購入しないと強く思いましたが。)
 
 
何をお伝えしたいかと申しますと、primeの記載の有無だけでは、きちんとした出品者かそうでないかは見分けることはできないということです。
 
アマゾンでは、出品者情報欄に、実際の住所・氏名・電話番号を公開することが義務付けられているので、私は、本当の情報が掲載されていることを信じて出品者情報欄を確認して、実在する住所でなかった場合はその出品者から商品は購入しませんでした。
 
あとは購入者の評価よりも、コメントの内容を良く読んで出品者の良し悪し(←表現は悪いですが)を判断していました。
 
評価が4や5じゃなくても、購入者のコメントに1件1件きちんと回答している出品者さんからは商品を購入していました。
 
 
休眠状態のアカウントを乗っ取って、購入者から代金や個人情報を搾取して、商品が届かないというクレームは正規の出品者へ、返金はAmazonにさせようとする卑怯な詐欺師に、高い評価や良いコメントがつくはずはないので、商品金額があまりにも低い場合は、「怪しい!」と疑って、購入者の評価とコメント欄を確認することをおススメします。
 
購入者から良いコメントがついていたけど、日付が古かったというパターンですと、正規の出品者さんに対してのコメントということも考えられます。
 
同じ商品を買うなら安い方が良いと誰しも考えますが、商品を購入したいけど、出品者が怪しいような怪しくないような・・・と、迷ったら、出品者に非通知で電話を架けて、実際にどうして価格が安いのかを単刀直入に聞いてみるのもひとつの方法かも知れませんが、詐欺師の場合は口も達者かもしれないですし、最近では、安過ぎると警戒されると考えて、裏をかいて通常価格で出品している輩も増えてきているので、見破ることは難しいですね。
 
一般の出品者からではなく、本家本元のAmazonから購入すれば、まず、間違いありません。
 
 
取り留めもなく、つらつらと書いてしまいましたが、正規の出品者のアカウントを乗っ取る詐欺師の手口をまとめると・・・
 
・休眠状態の出品者アカウントを乗っ取る
・売れ筋商品をありえないほどの低価格で大量に出品して購入させる
・乗っ取った出品者アカウントの振込口座を自分の口座に変更して入金させる
・商品が届かない購入者が、正規の出品者に商品発送、または返金を要求
・正規の出品者がアマゾンに相談⇒アマゾンがお客様に返金
 
という流れになっています。

スポンサーリンク

Amazonアカウント乗っ取りの被害状況

何も悪いことはしていないのに、知らない間に出品者アカウントが乗っ取られて、自分が詐欺師呼ばわりされてしまうのですから、こんなに怖いことはありません。

Amazonに申し出て、アカウントが乗っ取られたことが認められれば、金銭面の心配はしなくて良いかもしれませんが、出品者情報が公開されているので、被害にあった購入者からの痛烈なクレームが続いたら、平常心を保っていられなくなるのが当たり前ではないでしょうか?

Amazonアカウントが乗っ取られてしまった出品者Aさんの被害状況について記載します。

Amazon出品者アカウントが乗っ取られ、20000件近くの取引がスタート。

すぐにAmazonに相談したが、「すぐに対処します」と返答があったきり連絡なし。

400件近い購入完了のメールに加えて300件の購入者が出現。

再度Amazonに連絡すると、「アカウントを休止してください」と指示あり。

アカウントを休止するも、Aさんの出品者情報を見た購入者から、直接問い合わせの電話や、「詐欺師!」 と書かれたメールが届くようになる。

なんと!Amazonから、「早く発送するように」と警告メールが届く!

電話でAmazonに問い合わせると「引き継ぎが上手くいっていなかった」との回答!

「すべてAmazonが対応する」とのことで、Aさんのアカウント名を「このアカウントは乗っ取られています!」に変更、連絡先もAmazonの電話番号に変更。

警察に事情を説明し、調書を取ってもらう。

Aさんが電話対応したうちの一人に事情を聴いたところ、Amazonからはちゃんとした説明がなかったので直接電話をしたとのこと。

連絡先をAmazonに変更しても、すでに1000人近い人たちがAさんの連絡先を知っているので、Amazonがきちんと説明をしてくれないと、身の危険を感じる。

出品者間で意見交換ができる Amazonセラ―フォーラムより抜粋~

Amazonアカウント乗っ取りの防止対策とは?

Amazonアカウントが乗っ取られる前におこなう防止対策

・こまめにアカウントをチェックする
・定期的にパスワードを変更
・パスワードを複雑なものに変更する
・複数オンラインアカウントで同じパスワードを使わない
・2段階認証を利用する

Amazonアカウントが乗っ取られてしまった場合の対応

購入者からの問い合わせには、

・アカウントが乗っ取られていること
・Amazonから独自に対応しない様に言われていること
・購入者も出品者も被害者であること

を誠意を持ってお伝えし、今後の対応についてはAmazonに直接問い合わせていただくようにお願いするしか方法はないかと思われます。

さいごに

アカウントを乗っ取られて悪用されてしまったAさん。他人事ではありません。

被害に遭われた購入者の方は、Amazonカスタマーサポートに、返金を申し出ることによって、最高300,000円までAmazonマーケットプレイス保証を受けることができます。

返金をしてもらえることは購入者としては有難いですが、出品者も含め、個人情報が漏洩してしまったことに関しては、Amazonは、あまり責任を感じていないように見受けられるのが気になるところです。
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-パソコン
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料画像編集ソフトでおすすめは使いやすいPhotoScape!

無料画像編集ソフトでおすすめは使いやすいPhotoScape!

    ブログを運営していく上で、画像はなくてはならないアイテムなので、私は、画像のダウンロードが無制限にできるイラストAC (プレミアム会員) や、もうひとつのブログでは、写真・ …

ブチッと断線した光ファイバーケーブル

光ファイバーケーブルが断線 修理や工事が必要?ケーブル交換で済む?

インターネットの屋内光ファイバーケーブルに足を引っかけブチっと断線!PCの仕事で生活している私には致命傷です。素人の修理は無理だと分かり、NTTの作業員さんに来てもらうことに。あぁ出費が痛い!その後のNTTのオペレーターさんの粋な計らいを記載します。お役に立てれば幸いです♪

Amazonにログインできない場合の対処方法

Amazonにログインできないしメールも届かない場合の対処方法

Amazonにログインできない場合の対処方法 スポンサーリンク メールアドレスもパスワードも正しく入力したのに、なぜかAmazonにログインできず、「身分を証明するためのコードをEメールでお知らせいた …

ワードプレスの目次の作り方

ワードプレスの目次の作り方と共有や関連が表示された場合の除外方法

    あなたのブログには目次を設置していますか? スポンサーリンク ワードプレスのプラグインはとっても便利なのですが、「設定を間違えてサイトが消えてしまった!」などという話をとき …

タイピング練習は無料ゲームで楽しく覚えよう!

ブラインドタッチが上達したタイピング練習の無料サイトを紹介します

タイピング練習は無料ゲームで楽しく覚えよう! スポンサーリンク 先日、登録済みの派遣会社に、あるお仕事をエントリーしたところ、「タイピングのスキルチェックをします!」と連絡があったので、慌ててタイピン …