お祭り

北海道の蛍の名所 沼田町ほたる祭り2018と周辺人気スポットを紹介

投稿日:2018年5月13日 更新日:

沼田町ほたる祭り2018  
 
昔は夏の風物詩として、田んぼや道の脇の草むらで当たり前のように見ることのできた美しい光を放つホタルは、今は、都会ではほとんど見られなくなりましたよね。

ホタルの名所はいくつかありますが、今回は、夏休みシーズンの7月上旬~8月上旬になると、ホタルを観賞するために日本全国から約3万人もの観光客が訪れる、北海道沼田町のほたる祭り2018についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

北海道の蛍の名所 沼田町ってどんなところ?

沼田町ほたる祭り2018の基本情報

開催期間:First: 2018年7月14日(土)~16日(月・祝)
     Second:2018年7月21日(土)・22日(日)
     Third: 2018年7月28日(土)・29日(日)

開催場所:ほろしん温泉ほたる館 野外特設会場(沼田町字幌新377番地)

料金:無料

問い合わせ先:0164-35-1188/ほろしん温泉ほたる館

アクセス方法:JR石狩沼田駅⇒町営バス幌新温泉行きで25分、終点下車後徒歩1分
       深川留萌道沼田ICから道道549号経由12km15分       
       旭川から車で約60分
       札幌から車で約120分

駐車場:あり(300台・無料)

※ほたる祭りは7日間限定ですが、ほたる鑑賞会は、7月上旬から8月上旬の毎日20:00~22:00に行われるのでご安心下さいね♪

 
 
日本の蛍の名所といえば、

・宮城県の東和町鱒淵
・東京都の久我山
・長野県の信州辰野
・岐阜県の飛鳥川一帯
・愛知県の鳥川
・兵庫県の内尾神社
・奈良県の奈良県宇陀市
・岡山県の北房

などがありますが、毎年ほたる祭りが行われる、北海道雨竜郡沼田町にある「ほろしん温泉ほたる館」も、ホタルが飛び交う温泉宿として有名で、沼田町は1999年のNHK朝の連続テレビ小説「すずらん」のロケ地にもなったんですよ。

ほろしん温泉ほたる館の近くにある、幌新いこいの森公園の一角にあるほたる園で、夜になると、自然発生のゲンジボタルやヘイケボタルを見ることができるのですが、自然発生といっても、かつては沼田町の一部にしか生息していなかったホタルを、地域住民の方々の協力のもと、ホタル研究会の方が大切に飼育して現在のように数千匹にもホタルの生息数を増やしていったんです!

沼田町のキャッチフレーズも「ほたるの里」というくらい、町ぐるみで「ホタル」を中心とした観光地作りに力を入れていて、なんと!「ほたる保護条例」も作ってしまったんですよ!

北海道沼田町ほたるの里の「ほたる祭り2018」をご紹介!

日本全国から大勢の観光客が訪れると聞くと、大きなお祭りを想像してしまいますが、ほたる祭りは、ほろしん温泉ほたる館の駐車場をメイン会場として、「ほたる観賞会が始まる20:00頃まで、地元の人も観光客の皆さんも、イベントや屋台や縁日広場で一緒に楽しみましょう!」といった趣旨で行われる小さなイベントなんですよ。

「ほたる祭り2017」では、

17:00~21:30 ビヤガーデン・縁日・屋台
17:30~18:15 ステージゲームイベント
18:30~19:30 ステージライブイベント

というスケジュールで、

・沼田夜高太鼓
・ストリート&バルーンショー
・深川出身の女性バンドや音楽グループ
・ヒーリングライブ
・WAYFARERS国際合唱団

などのゲストによるイベントが行われましたが、2018年の内容を問い合わせたところ、6月中旬の発表になるそうなので、情報の更新を楽しみにお待ちくださいね♪

いざっ!ホタル観賞会に出発~!

20:00近くになったら、幌新いこいの森公園内にある、ほたる園に、ホタル観賞をするためにみんなで移動しますよ~
 
足元には道案内のための誘導灯が設置されているので、公園内の豊かな自然を散策しながら、美しく幻想的に飛び交うホタルをじっ~くりと観賞することができますよ。
 
ほたる園に移動する前には、薮蚊に刺されないように、虫除けを忘れずにスプレーして下さいね。
 
ホタルも虫なので、間違ってもホタルに向かってシューしないようにご注意下さいませ~^^;
 
「ほたる保護条例」により、ホタルの捕獲やお持ち帰りも禁止ですよ~

沼田町ほたる祭り2018周辺の人気観光スポットをご紹介!

ほろしん温泉 ほたる館

渓谷に面した景色の良い露天風呂が大人気で、日ごろの疲れを癒しに温泉に浸かりに来るリピーターの方も多い、ほろしん温泉 ほたる館

スポンサーリンク

コシがあってモチっとした食感がたまらない、細麺の美味しいお蕎麦も有名なんですよ!

夜は虫の声やホタルの幻想的な光が楽しめて、運が良ければ流れ星が見れるかもしれませんよ☆
 
 
日帰り入浴料金:大人(中学生以上)500円、小人250円、小学生未満無料
岩盤浴料金:500円 (浴衣・バスタオル・フェイスタオルを含む)

その他の施設
・テニスコート
・オートキャンプ場
・レストラン
・観賞池
・広場
・パークゴルフ場
・キャンプ場

サケのふるさと千歳水族館

サケのふるさと千歳水族館は、淡水では日本最大級の水槽がある水族館で、サケの仲間や北海道の淡水魚を中心に、世界の様々な淡水生物を観察することができます。

千歳川の水中を直接見ることのできる「水中観察ゾーン」では、四季折々の千歳川の生き物たちの営みを間近を観察することができ、タイミングが合えば、秋に産卵のために川をさかのぼるサケの群れを見ることができます。

営業期間:10月1日~6月30日 9:00~17:00
     7月1日~9月30日 9:00~18:00
休館日:2月12日~2月29日 メンテナンス
休館日:12月29日~1月1日 年末年始
所在地:〒066-0028 北海道千歳市花園2丁目312
交通アクセス:新千歳空港より車で約10分
       道央自動車道・千歳IC車で約10分
       道東自動車道・千歳東ICより車で約15分
       JR札幌駅より車で約60分
       JR千歳駅から徒歩で10分
 

むらかみ牧場

むらかみ牧場は、乳搾り・バター作り・アイスクリーム作り体験ができる牧場です。
 
週末には出店もオープンして、バーベキューコーナーではジンギスカンなどの飲食も楽しめ、種類も豊富な自家製ソフトクリームは一番人気ですよ!
 
牛のほかにも、ポニー・ウサギ・合鴨・豚・エミューを見ることができて、ヤギが人間の上を通る「ヤギブリッジ」が人気です^^
 
営業期間:4月~11月は無休
営業時間:10:00~17:00
所在地:〒061-1405 北海道恵庭市戸磯156番地
交通アクセス:新千歳空港から車で20分
       札幌から車で60分
       JR恵庭からタクシーで5分
 

さいごに

きれいな川と自然が必要な、とってもデリケートなホタルの生態について学べる、「ほたるの里」にあるホタル学習館や観賞ドームも入場料無料なのでおすすめですよ!

私もなるべく早く、まだ一度もホタルを見たことがない娘たちを連れて、北海道旅行をしたいと計画中です!
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

函館港祭りのいか踊りってなぁに?

函館港まつり2018の日程と見どころ いか踊りってなぁに?

  北海道函館の夏のメインイベントといえば、古くから函館市民に親しまれてきた「函館港まつり」です。 スポンサーリンク 5日間行われる函館港まつりの総動員数はのべ46万人を数え、初日の夜には道 …

川越まつり

川越まつり2018の見どころと屋台とおばけ屋敷のある場所は?

川越まつりは関東三大祭と言われているお祭で、平成17年には「川越氷川祭の山車行事」として国の重要無形民俗文化財にも指定されています。精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が、蔵造りの町並みを中心に曳行(えいこう)します。最大の見どころは、山車と山車がすれ違うときに、山車同士が正面に向き合って、笛、太鼓、鉦、の囃子と舞いを競い合い、曳き手が高々と提灯を振り上げて囃子手に声援を送る「曳っかわせ(ひっかわせ)」です。今回は2017年の川越まつりを子連れで楽しむ方法と屋台とおばけ屋敷のある場所についてご案内します。

秩父夜祭

秩父夜祭2018の見どころと有料観覧席の申し込み方法は?

京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに、日本三大曳山祭りに数えられる秩父夜祭が、2017年も開催されます。「秩父祭の屋台行事と神楽」は国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年には、秩父夜祭の「山・鉾・屋台行事」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。今回は、秩父夜祭の日程とコース、見どころと有料観覧席の申し込み方法をお伝えします。

沼田町夜高あんどん祭り2018

沼田町夜高あんどん祭り2018の見どころと屋台情報をご紹介!

    北海道三大行燈(あんどん)祭りの一つである、沼田町夜高(ようたか)あんどん祭りは、喧嘩あんどんとも呼ばれ、巨大な山車と山車がぶつかり合って相手の吊りあんどんを壊しあう、地響 …

会津まつり2018の日程と見どころ 画像引用:aizukanko.com

会津まつり2018の日程と見どころ 藩公行列のコースと順番は?

画像引用:aizukanko.com スポンサーリンク   福島県会津若松市の会津まつりの始まりは、1928年に行われた、秩父宮雍仁親王と会津藩主の孫娘の松平勢津子様のご成婚を祝う提灯行列な …