花火大会

赤川花火大会2018の有料観覧席情報や周辺人気スポットをご紹介!

投稿日:2018年5月19日 更新日:

赤川花火大会2018 画像引用:photohito.com

画像引用:photohito.com

 
山形県鶴岡市で開催される赤川花火大会は、通常の花火大会とは異なり、全国トップクラスの花火師たちが腕を競い合うデザイン花火競技会なんですよ!

なんと!最大幅700mに渡って打ち上げられる超ワイドな花火に、誰もが圧倒されてしまいます!

テレビやラジオ番組でも中継される、赤川花火大会2018の有料観覧席情報や周辺人気スポットをご紹介しますね。

スポンサーリンク

赤川花火大会2018の基本情報

・開催期間:2018年8月18日(土)

・開催時間:19:15~21:00(オープニングは18:45~)

・開催場所:山形県鶴岡市赤川河畔 羽黒橋~三川橋

・開催住所:鶴岡市伊勢原町8-5

・打上数:1万2000発

・例年の人出 :30万人

・人気度:山形県内で1位

・問い合わせ先:℡ 0235-28-1873 (赤川花火大会実行委員会)

・交通アクセス:JR鶴岡駅より徒歩約30分
        山形自動車道 鶴岡ICから車で15分
        日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で20分

・無料駐車場:鶴岡中央工業団地各所
       鶴岡東工業団地各所
       鶴岡市櫛引総合運動公園駐車場(会場行きの有料シャトルバスあり)

※会場周辺の交通規制あり

赤川花火大会2018の有料観覧席の種類と料金、チケットの購入方法は?


 
FM山形鶴岡76.9MHzとBS朝日5CHで全国実況生中継!
 
赤川花火大会は、動画でも鳥肌が立つほど綺麗で感動してしまいますよね~

デザイン花火競技会というだけあってお高めですが、有料観覧席のチケットの種類と、料金や購入方法についてご案内します。

赤川花火大会2018の有料観覧席の種類と料金は?


 
特別観覧席SA席(6名・マス席)23000円

SB席(6名・レジャーシート席)15000円

SC席(2名・テーブル付イス席)15000円

A席(6名・マス席)17000円

B席(6名・レジャーシート席)12000円

C席(2名・イス席)10000円

F席(4名・レジャーシート席)6000円

P4席(4名・パイプイス席)11000円

P2席(2名・パイプイス席)7000円

P1席(1名・パイプイス席)3500円

赤川花火大会2018の有料観覧席のチケットの購入方法は?

赤川花火大会2018の有料観覧席のチケット販売日時は、対象者別に3つに分かれています。

・リピーター販売:2018年6月11日(月)10時より

・地元先行予約会:2018年6月23日(土)10時より、イオン三川にて

・一般販売:7月1日(日)10時より、赤川花火大会公式HPにて

リピーターさんにはチケット購入の案内が発送されます。

地元先行予約会に関しては、電話で確認したところ、「住民票を提出するわけではないので、イオン三川に足を運べる方であれば、地元に住んでいなくても予約は可能です」とのことでしたよ。

一般販売は、「原則、赤川花火大会公式HPから先着順での販売となりますが、インターネット環境がない方などは、赤川花火大会実行委員会(℡ 0235-28-1873)にご相談下さい」と担当の方が仰っていましたよ。

厳密には、リピーター販売日の前に、協賛者のための販売日が設けられているため、有料観覧席の販売数は少なくなっているので、お早めにお申し込みされることをおすすめします!

赤川花火大会2018の会場レイアウトが変更になります!


 
赤川花火大会2018では、上記の会場案内図のようにレイアウトが変更になる予定です。
 
昨年、無料観覧席の通路に関することで、花火大会が一時中断する場面があったため、無料観覧席と有料観覧席に至る通路からはっきりと区分けされることになりました。
 
会場のレイアウトが決定したら、情報を更新しますのでお待ち下さいませ。

スポンサーリンク

赤川花火大会2018の周辺人気スポットをご紹介!

鶴岡市立加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館は、日本海に面した岬にある世界一のクラゲ水族館なんですよ。
 
館内では最大50種以上ものクラゲを展示していて、クラゲドリームシアターという直径5mの水槽には、約2000匹ものミズクラゲがフワフワ~っと泳いでいるんです (*˘︶˘*).。.:*
 
バーカウンターに見立てたクラゲバーでは、クラゲを観察したり給餌解説を聞いたりできるほか、気持ちよさそうに泳ぐアザラシやアシカをの~んびりと眺めることのできるカフェスペースもあるんですよ♪
 
予約をして参加できる学習・体験プログラムも充実していて、屋上にはお弁当などを食べられる芝生スペースもあるので、花火を見る前にお子さんの夏休みの自由研究をやっつけることもできちゃいますね!
 

鶴岡市立加茂水族館の基本情報
 
営業期間:年中無休
 
営業時間:9:00~17:00(夏休み期間は延長あり)
 
所在地:〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
 
問い合わせ先:0235-33-3036
 
交通アクセス:鶴岡駅より庄内交通バス[湯野浜温泉行き]で[加茂水族館]下車すぐ
       山形自動車道・鶴岡ICより約15分
 

羽黒山五重塔

羽黒山の木立の中にある樹齢1000年、周囲10mもの巨大な杉の木のそばに国宝の五重塔が建っています。
 
今年は、「国宝 羽黒山五重塔特別拝観」と、「初公開の羽黒三所大権現秘仏」が行われ、どちらも、またとない大変貴重なチャンスなので、花火大会までの日中の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?
 

羽黒山五重塔の基本情報
 
拝観期間:2018年4月28日(土)~11月4日(日)
 
公開時間:8:30~16:30
 
五重塔拝観料:大人500円
 
秘仏塔拝観料:大人300円
 
※共通券700円
 
問い合せ先:出羽三山神社 TEL 0235-62-2355
 
所在地:〒997-0211 山形県鶴岡市羽黒町手向7
 
交通アクセス(バス):鶴岡市から庄内交通バス羽黒山行きで随神門下車

交通アクセス(車):山形自動車道鶴岡ICから鶴岡・羽黒線経由で約10km
         庄内あさひICから約15km
         庄内空港から約30km
 

さいごに

水族館でクラゲに癒されたり、アシカショーを楽しんだり、国宝の五重塔を拝観したあとに花火大会を見れば、とっても充実した一日になりますよね!

全国5位、山形県で1位&最大級の規模の花火としてランキングされている、赤川花火大会2018を、是非、生でご覧下さいね♪
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:

関連記事

ふじさわ江ノ島花火大会2018の見どころと有料席情報をご紹介!

  毎年10月に開催されるふじさわ江ノ島花火大会の打ち上げ数は、45分間で3,000発と規模は小さいですが、リピーターが多くとても人気の高い花火大会なんですよ。 スポンサーリンク 2017年 …

手賀沼花火大会2018の見どころ

手賀沼花火大会2018の見どころとメッセージ花火の申込方法は?

  画像引用:我孫子市HPより   千葉県柏市の手賀沼花火大会は、諸事情で開催を見送っていた時期がありましたが、たくさんの市民のラブコールに応えて2013年に復活した花火大会なんで …

多摩川花火大会2018の日程が10月に変更!

多摩川花火大会2018の日程が10月に変更!有料席情報もご紹介!

    毎年8月に行われていた多摩川花火大会は、天候の不安定な夏を避けて、2018年から10月に開催されることになりました。 スポンサーリンク 昨年、会場に足を運ばれた方は、ゲリラ …

相模原納涼花火大会2018の有料席情報と交通アクセスの注意点は?

画像引用:相模原納涼花火大会HPより スポンサーリンク   相模原納涼花火大会は、1951年の旧盆に行われた相模川の灯籠流しとともに、水郷田名の復興を願って、「田名煙火大会」として、地元消防 …

画像引用:www.moere.jp

モエレ沼芸術花火大会2018の見どころとチケット情報をご紹介!

画像引用:www.moere.jp スポンサーリンク   2012年に「モエレサマーフェスティバル」として誕生したモエレ沼芸術花火大会は、歴史は浅いのですが、全国の花火師や花火プログラマーの …