花火大会

沼田花火大会2018の見どころと有料席情報 周辺人気スポットは?

投稿日:2018年5月22日 更新日:

沼田花火大会 画像引用:photohito.com

画像引用:photohito.com

今年で6回目を迎える沼田花火大会は、全国各地の数々の花火大会やテーマパークの花火ショーをプロデュースしてきた丸玉屋が手がける、ダイナミックな最先端花火ショーです。

花火と音楽がシンクロする花火ファンタジアは5部構成で、45分間に10000発もの花火が打ち上げられるんですよ!

模擬店やステージイベントなどもあるので、1日中楽しめますね♪

沼田花火大会2018の見どころと有料席情報、周辺人気スポットをご紹介します!

スポンサーリンク

沼田花火大会2018の見どころは?


 
沼田花火大会は、2013年に43年ぶりに復活して、2018年も沼田市運動公園で開催されます。

沼田花火大会をプロデュースしているのは、世界各国で活躍する日本の代表的な花火会社として、海外で高い評価を得ている株式会社丸玉屋です。

株式会社丸玉屋は、花火職人が匠の技で丹精込めて作った芸術玉を厳選し、独自の点火システムにより、花火の打ち上げのタイミングをコンピュータで完全に制御し、緻密でハイスピードな連続打ち上げや、音楽との相乗効果で感情を揺さぶる表現や、ミュージカルのようなストーリー性のあるダイナミックな花火を演出している会社なのです。

最先端の音楽花火パフォーマンスを随所に織り交ぜ、沼田市ならではのオリジナリティあふれる花火や、息をのむ大玉100連発、そして、沼田花火大会2018の最大の見どころは盛大な「グランドオープニング」、そしてクライマックスを演出する「グランドフィナーレ」です!
 
ステージでは、和太鼓グループ「手九野太鼓」による和太鼓の演奏や、地元住民によるパフォーマンスなども予定されているほか、沼田の飲食店による屋台ブースや特産品ブースも多数出店しているので、美味しい食べ物を頬張りながら花火大会を楽しめますね♪

沼田花火大会2018の基本情報

開催期間:2018年9月8(土) ※荒天時は中止

開催時間:19:00〜19:45

開催場所:沼田市運動公園

問い合わせ先:℡ 0278-23-2111(沼田市観光交流課)
       ℡ 0278-23-1137(沼田商工会議所)

打上数:10,000発

交通アクセス(電車):JR沼田駅から徒歩で約25分

交通アクセス(車):関越自動車道 沼田ICから約15分

無料駐車場:有り

沼田花火大会2018の有料席の料金とチケット購入方法は?

有料席の料金
 
・テーブル席 5名まで 15,000円 (駐車場1台付き)
 
・イス席 1名 3,000円
 
チケット購入方法
 
チケット申込み先:沼田花火大会公式サイトの有料観覧席販売ページ⇒口座振込のみ
         
         ℡ 0278-23-2111(沼田市観光交流課)⇒口座振込または現金支払い
 
         ℡ 0278-23-1137(沼田商工会議所) ⇒口座振込または現金支払い

お弁当とオードブルの注文

A.あゆ茶屋巴『鮎・鶏・山菜弁当』 ¥1,000

B.魚政『豚ヒレソースかつ重』¥980

C.サンモールひさご『ひさご花火弁当』

D.姫本『花火ちらし寿し弁当』¥1,000

E.姫本『花火オードブル』¥3,000

F.角田精肉店『沼田花火大会オードブル』¥2,000

※テーブル席またはイス席のチケットを購入した方のみお弁当やオードブルの注文もできますよ。

2018年6月1日からチケットの販売が開始になりましたので、申し込みはお早めに!

沼田花火大会2018の周辺人気スポットは?

沼田花火大会2018の周辺人気スポットは?画像引用:photohito.com  

吹割の滝(ふきわれのたき)

吹割の滝は、1万年もの長い年月をかけて作り出された、岩盤の裂け目から水しぶきが吹き上げる様子からその名がつけられました。
 
高さ7m・幅30m・奇岩が1.5kmに渡って続いていて、日本の滝百選に認定された、群馬県を代表する人気スポットです!
 
吹割の滝の滝つぼは、「竜宮へ通じている」という伝説が残っている神秘的な滝なんですよ。
 
 
~むかし、村で祝儀や振舞ごとがあるたびに、龍宮から膳椀を借りていました。
 
滝に投げ込んだお願いの手紙が、渦に巻き込まれて滝つぼの奥底にある龍宮へと届き、
 
祝儀の前日には頼んだ数の膳椀が岩の上にきちんと置かれていました。
 
お礼の手紙を添えて膳椀を岩の上に置いておけば、いつの間にか龍宮へ返されました。
 
あるとき、借りた膳椀を一組だけ返し忘れてしまってからは、
 
いくら丁寧にお願いしても借りられなくなってしまいました。~
 
という『椀貸し伝説』です。

竜宮の椀 画像引用:刀剣の骨董くりはら

画像引用:刀剣の骨董くりはら

スポンサーリンク
 
この膳椀は龍宮の椀と呼ばれ、今でも大切に保管されています。
 
 
東洋のナイアガラとも呼ばれる、マイナスイオンたっぷりの「吹割の滝」を散策するのも涼しくて良いですよね!
 
吹割の滝のほかにも、滝に向かう遊歩道・鱒飛の滝・般若岩・浮島橋・浮島観音堂・吹割橋・詩のこみち・十二様などの見どころがあり、お土産物も販売しているので、地元の特産品を食べながら花火を見るのも楽しそうですね♪
 
写真付きの吹割の滝散策コース案内はこちらからどうぞ。
 

交通アクセス(電車):JR上越線沼田駅からバス40分
 
交通アクセス(車):沼田ICより、国道120号線を尾瀬方面へ直進およそ20分
 

さいごに

沼田花火大会が43年ぶりの復活をかけた、強力な助っ人である株式会社丸玉屋さんによる豪華絢爛な花火ショーを、是非一度ご覧下さい!!

9月の上旬はまだまだ暑いですが、夜は急に冷え込む場合もあるので、カーディガンなどの上着を1枚用意されることをおすすめします!
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きらめきタウンフェスティバル2018東十勝花火大会の見どころは?

本別きらめきタウンフェスティバル2018東十勝花火大会の見どころ

    北海道中川郡本別町で毎年開催される、本別きらめきタウンフェスティバルでは、地元食材を使ったうまいもの市や物産店、ゲストを招いての歌謡ショー・お笑いライブ・戦隊ステージショー …

画像引用:www.moere.jp

モエレ沼芸術花火大会2018の見どころとチケット情報をご紹介!

画像引用:www.moere.jp スポンサーリンク   2012年に「モエレサマーフェスティバル」として誕生したモエレ沼芸術花火大会は、歴史は浅いのですが、全国の花火師や花火プログラマーの …

ふじさわ江ノ島花火大会2018の見どころと有料席情報をご紹介!

  毎年10月に開催されるふじさわ江ノ島花火大会の打ち上げ数は、45分間で3,000発と規模は小さいですが、リピーターが多くとても人気の高い花火大会なんですよ。 スポンサーリンク 2017年 …

相模原納涼花火大会2018の有料席情報と交通アクセスの注意点は?

画像引用:相模原納涼花火大会HPより スポンサーリンク   相模原納涼花火大会は、1951年の旧盆に行われた相模川の灯籠流しとともに、水郷田名の復興を願って、「田名煙火大会」として、地元消防 …

赤川花火大会2018 画像引用:photohito.com

赤川花火大会2018の有料観覧席情報や周辺人気スポットをご紹介!

画像引用:photohito.com スポンサーリンク   山形県鶴岡市で開催される赤川花火大会は、通常の花火大会とは異なり、全国トップクラスの花火師たちが腕を競い合うデザイン花火競技会なん …