紅葉

都内で紅葉が綺麗な場所は東京国立博物館 秋の庭園開放はいつ?

投稿日:2017年8月12日 更新日:

庭園の紅葉

庭園の紅葉

 
今回ご紹介する、紅葉が綺麗な東京国立博物館は、JR上野駅公園口・鶯谷駅南口から徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅・千代田線根津駅から徒歩15分、京成電鉄 京成上野駅から徒歩15分、の場所にあります。

駅から東京国立博物館へ行く途中にある、上野恩賜公園もおススメなのですが、まだ行ったことがない方であれば、東京国立博物館は、一度は訪れていただきたい場所です。

都内で紅葉が綺麗な場所はどこ?

都内の桜の名所で有名な「上野恩賜公園」は、カエデやケヤキやモミジなど、数多くの樹木が植えられているため、秋には綺麗な紅葉も楽しむことができます。

上野恩賜公園の紅葉の見頃は、例年は11月上旬〜12月中旬です。
 
公園内には噴水やオシャレなカフェもあり、自然に囲まれた広々とした園内を歩くだけでも、野鳥が飛来する不忍池(しのばずのいけ)の遊歩道をお散歩するだけでも、十分、紅葉鑑賞を堪能できますが、公園の周辺には芸術の秋にぴったりな博物館や美術館がたくさんあります。
 
中でも東京国立博物館では、春には桜を楽しむ「春の庭園開放」を、秋には紅葉を楽しむ「秋の庭園解放」を行っています。

博物館への入館料が必要になりますが、もちろん常設展示も鑑賞できます。

是非とも東京国立博物館の庭園まで足を伸ばすことをおススメします♪

東京国立博物館の庭園の紅葉がおすすめです!

JR上野駅公園口の改札を背にして、上野恩賜公園内に入り、交番を右に曲がると、正面に噴水が見えます。噴水を目指してまっすぐ進むと、噴水の先に大きな通りがあり、通りを渡ると国立博物館の正門があります。正門付近にあるイチョウ並木が見ごたえがあります。
 
国立博物館は明治5年に創設された、日本最古の博物館です。正門をくぐると真正面に瓦屋根の本館があります。本館のほかにも建物があり、本館を含め4つの建物が重要文化財に指定されています。
 
建物自体が重要文化財であるほかに、国宝88点、重要文化財634点を含む、11万点以上のコレクションがある、日本最大級の博物館なのです。
 
東京国立博物館の常設展示件数は約3000点もあり、作品保護の観点から、ジャンルや素材によって4週間から8週間ごとに展示替えを行っているので、何度訪れても違う作品を見ることができます。年に数回、特別展が催されますが、常設展示だけでもじっくり見ようとすると、一日では足りないほどです。
 
因みに、私は、美術館や博物館にはまったく興味が無かったのですが、仕事上、必要になり、渋々と、東京国立博物館を訪れたところ、まんまとその魅力に嵌り、「仏女」になってしまいました。
 
 
東京国立博物館 – 庭園と茶室
 

スポンサーリンク

東京国立博物館の秋の庭園開放はいつ?

東京国立博物館の本館北側(裏側)には、野鳥が訪れる池の周りに、四季折々の花のほかに、春は桜、秋は紅葉に彩られる庭園があります。
 
庭園はそれほど広くはないですが、池の周りに由緒ある茶室が5つあります。茶室の中には入れませんし、茶室が貸出されているときは、間近で見られないこともありますが、外からでも歴史と風情を味わえます。
 
年に2回、春の桜の季節と秋の紅葉の季節にしか庭園公開をしていないので、おすすめポイントは、この時期にしか見られない、庭園の池の対岸から見る本館のうしろ姿です。
 
秋の庭園開放のご案内
 
庭園開放期間:2017年10月24日(火)~2017年12月3日(日)
 
庭園開放時間:10:00~16:00
 
博物館開館時間:通常開館日 09:30~17:00(入館は16:30まで)
 
会場:庭園
 
入り口:入り口は2ヵ所あります。
    (1) 本館を正面に見て右側、レストランゆりの木側の入口
    (2) 本館を正面に見て左側、平成館との間の入口
 
料金:入館料が必要です。
   一般620円、大学生410円/一般団体520円、
   大学生団体310円(団体は20名以上)
 
カフェ:MOTOYA EXPRESS
    紅葉の美しい庭園を眺めながら、優雅なコーヒーブレイクを。
    (ラストオーダー 15:45)
    ※庭園開放中止の場合は休み
 
休館日:毎週月曜日(休館日は庭園には入れません)
 
※荒天時は庭園開放は中止となり、その翌日も庭園の状態により中止する場合があります。
        

さいごに

東京国立博物館はお弁当の持ち込みもできます。
 
平成館ラウンジのドリンクコーナー、本館地下1階のドリンクコーナー、または東洋館テラスで食べることができます。晴れていて、あまり寒くない日は本館前庭など外のベンチもおすすめです。
 
レストランは、本館を正面に見て右側の東洋館別棟1階にある「ゆりの木」と、正門を入って左側にある、法隆寺宝物館1階「ガーデンテラス」があります。
 
ホテルオークラの経営なので味は確かですが、お値段もそれなりに良いので、お財布とご相談下さいね。
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-紅葉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紅葉

東京で紅葉が綺麗なおすすめスポットは目黒の美術館の庭園です!

紅葉の名所は数多くありますが、都会の喧騒を抜け出して大自然を満喫しようと思ったら、紅葉の名所が有名すぎて、人・人・人で混雑していたり、紅葉のきれいな穴場を見つけたけど、駅から長時間歩かなければならなかった、ということもありますね?今回は、紅葉が好きな方には、ぜひ一度は訪れていただきたい、目黒にある紅葉のおすすめスポットをご紹介します。

六義園紅葉

都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー ライトアップが行われるのはどこ?

毎年恒例となった、都立庭園紅葉めぐりスタンプラリーが2017年も開催されます。都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー2017は、東京都公園協会主催、JR東日本協力で行われます。スタンプラリーに参加して、庭園ごとに趣の違う、美しい紅葉を楽しみながら秋を堪能してみてはいかがでしょうか?都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー対象の都立の9つの庭園をご紹介します。

河口湖紅葉まつり

河口湖紅葉まつりの開催期間と見どころ イベントはあるの?

富士五湖の一つである河口湖では、2017年で19回目を迎える富士河口湖紅葉まつりが開催されます。紅葉のライトアップスポットもあるので、昼間の紅葉とはまた異なる美しさを堪能できます。河口湖紅葉まつりの開催期間と見どころと、どのようなイベントが行われるのかをまとめてみました。

熱海梅園の紅葉

熱海梅園の紅葉の見頃ともみじまつりの内容 ライトアップはあるの?

熱海梅園内にはイロハモミジをはじめ、ムサシノ、イチジョウなどのカエデ類が380本あり、「日本で最も遅い紅葉」と言われている一方、梅は温暖な気候のため日本一早く咲くため、タイミングが良ければ梅と紅葉が同時に見られることもあり、紅葉の始まりに合わせて、毎年「熱海梅園もみじまつり」も開催されます。熱海梅園の紅葉の見頃ともみじまつりの内容、ライトアップについてご案内します。

高尾山の紅葉

高尾山もみじまつりと紅葉の見頃はいつ?おすすめのコースは?

紅葉の美しい高尾山に行くには、新宿から京王線で最速47分で高尾山口駅に到着できます。2017年も紅葉の季節にあわせて、高尾山もみじまつりが開催されます。今回は、高尾山もみじまつりの開催期間と昨年行われた内容、高尾山の紅葉の見頃と紅葉が綺麗なおすすめコースのご案内をいたします。