パソコン

プルダウンメニューがキャプチャできる無料ソフトをご紹介!

投稿日:2018年8月30日 更新日:

プルダウンメニューがキャプチャできる無料ソフトをご紹介!

 
 
Windowsに附属している Snipping Tool は、スクリーンショットが簡単にキャプチャできるのでとっても便利ですよね!

でも、パソコンのプルダウンメニューを開いた状態でキャプチャしようとすると、プルダウンメニューが閉じてしまって、イラッとしたことはありませんか?

実は、Windows10の Snipping Tool だと、プルダウンメニューをキャプチャすることができるのですが、Windows7の Snipping Tool だと、残念ながらキャプチャすることができないんですよ Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

私はWindows7を使っているので、以前から利用しているフリーソフトの「FastStone Capture」の機能を改めて確認したところ、プルダウンメニューをキャプチャしてファイルに保存できることが分かりました!

「FastStone Capture」のインストール方法やキャプチャの手順をご紹介しますね!

スポンサーリンク

なぜ、プルダウンメニューを開いた状態でキャプチャができるの?

メニューバーのタイトル部分をクリックして、表示された項目にマウスのカーソルを合わせると、関連した複数の項目が一覧表示されるのがプルダウンメニューで、ドロップダウンメニューとも呼ばれています。

Snipping Tool は、新規作成ボタンをクリックすると、すぐに画面がキャプチャされるのですが、Windows10の Snipping Tool についているタイマー遅延機能を使うことによって、新規作成をクリックしてから撮影するまでの時間差を作ってくれるんです。

遅延時間を5秒後に設定した場合は、新規作成ボタンをクリックしてから5秒以内にプルダウンメニューを表示させて待っていると、5秒後にセルフタイマーが作動して、スクリーンショットがキャプチャできるという仕組みなんです。

Windows7の Snipping Tool には、このタイマー遅延機能がついていないので、開いた状態のプルダウンメニューをキャプチャすることができないのです。

プルダウンメニューがキャプチャできる無料ソフトをご紹介!

私は、普段はデスクトップパソコンで作業をしていて、パソコンやワードプレスや設定方法や操作手順などを図解にして、備忘録としてブログに記載することがあるのですが、プルダウンメニューを開いた状態でキャプチャーすることができなくて、ずっともどかしい思いをしていました。

サブで使っているノートパソコンはWindows10なので、ノートパソコンでキャプチャーした画像をGoogleドライブでファイル共有するという方法もあるのですが、デスクトップパソコン1台だけでどうにかならないものかと色々調べてみたところ、私が以前から使っている無料のキャプチャーソフトの「FastStone Capture」にタイマー遅延機能がついていることが分かりました!

「FastStone Capture」のダウンロードやインストールの方法や、日本語メニューにするソフト(パッチ)の導入方法やキャプチャーの使い方の解説動画をご紹介しますね!

FastStone Capture の使い方の解説動画


 
 
「FastStone Capture」のダウンロードはこちらから。
 
英語だらけですが、動画の解説が丁寧なので、私でもダウンロードやインストールができたので大丈夫ですよ♪
 
 
日本語パッチの配布サイトはこちら
 
こちらのサイトには、ソフト名がABC順に並んでいるので [F]の一番目の「FastStone Capture」の日本語パッチの「ver5.3」をクリックしてダウンロードしてくださいね。
 
 
FastStone Capture のダウンロードから日本語化までは、動画の2:48で完了です。その後は、FastStone Capture を使った、色々なキャプチャ方法の解説となっています。
 
プルダウンメニューのキャプチャの手順は次の項目でご案内しますね♪

スポンサーリンク

FastStone Capture のプルダウンメニューのキャプチャの手順をご紹介!

 
 
赤枠で囲った一番右側のマークをクリックして、一番上に書かれている[設定]という文字をクリックすると、次の画面が表示されます。
 
 

 
 
キャプチャ前の遅延は0~10秒まであるので、お好みの秒数をプルダウンメニューから選んで、右下の[OK]をクリックします。この操作でタイマーの遅延は完了しました。ここでは10秒に設定しましたが、慣れてくれば5秒ほどで十分だと思います。
 
 
6種類の中からお好みのキャプチャを選んでクリックすると、「ピッピッピッ」という音でカウントダウンが始まるので、キャプチャしたいプルダウンメニューを開いておけば撮影ができます。
 
6種類のキャプチャ方法は、動画の2:48以降をご参照下さい。

キャプチャしたあとは、ファイルをクリックして名前をつけて保存することもでき、とっても便利なので、是非、お試し下さいね♪
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-パソコン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料画像編集ソフトでおすすめは使いやすいPhotoScape!

無料画像編集ソフトでおすすめは使いやすいPhotoScape!

    ブログを運営していく上で、画像はなくてはならないアイテムなので、私は、画像のダウンロードが無制限にできるイラストAC (プレミアム会員) や、もうひとつのブログでは、写真・ …

Aamazon出品用アカウントの解約方法

Amazon出品用アカウントを解約する手順とその条件とは?

Aamazon出品用アカウントの解約方法 スポンサーリンク 先日、Amazonでお買い物をした履歴を確認しようとしたところ、アカウントにログインができなくなっていました。 Amazonに問い合わせたと …

Amazonアカウント乗っ取りの手口と被害状況

Amazonアカウント乗っ取りの手口と被害状況と防止対策とは?

Amazonアカウント乗っ取りの手口と被害状況 スポンサーリンク 先日、自分のAmazonアカウントにログインできなくなったため、Amazonに相談し、アカウントを解約しました。 私の出品者アカウント …

Windows7からプログラムをアンインストールする方法をご紹介

Windows7からプログラムをアンインストールする方法をご紹介

    私が使っているデスクトップパソコン(Windows7)は、購入してから5年も経っていて、その間、使うつもりでインストールしたのに、まだ1度も使ったことがないプログラムが膨大 …

単語の登録に失敗しました

単語の登録に失敗しましたと表示された場合の修復方法は?

Windows7のIMEの辞書ツールは、文字入力の手間と時間が省けてとても助かりますね♪いつものように単語/用例の登録をクリックして、頻繁に使う単語を登録しようとしたところ「単語の登録に失敗しました」というメッセージが出てしまい登録ができませんでした。面倒臭がり屋の私はしばらく放置していましたが、やはりとっても不便なので修復してみることにしました。あっけにとられるほど簡単なのでお試しください!