イルミネーション

恵比寿ガーデンプレイス イルミネーションの歴史 日程と見どころ

投稿日:2017年8月21日 更新日:

恵比寿イルミネーション

恵比寿イルミネーション

 
 
恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションを見るには、JR恵比寿駅東口の改札を出て、恵比寿スカイウォークという動く歩道を利用すれば、屋根がついているので雨に濡れることなく、数分後には、駅の出口に到着でき、地上40階建ての恵比寿ガーデンプレイスタワーが目の前に現れます。

イルミネーションの季節になると、木々を彩る温かみのある灯りが、お出迎えしてくれます。そしてメイン会場のセンター広場では、美しい輝きを放つ、巨大で豪華絢爛なバカラシャンデリアを見ることができます!
 
今回は、恵比寿ガーデンプレイスイルミネーションの歴史と開催期間と見どころをお伝えします。

スポンサーリンク

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションの歴史

恵比寿ガーデンプレイスの冬の風物詩とも言える、バカラシャンデリアとイルミネーションの歴史は、恵比寿ガーデンプレイスが開業して5年目の1999年に始まりました。
 
2014年の1月まで飾られていたのは、フランスの高級クリスタルブランド「バカラ」が、1994年に制作した230灯のシャンデリアをベースに、さらに20灯に灯りを増やしたもので、高さ約5メートル、幅約3メートル、クリスタルパーツ総数8,472ピース、重さ1.8t、ライト総数250灯のシャンデリアで、11月から年始にかけて、センター広場に置かれた、高さ10メートル、幅6メートルのケースの中で、美しい輝きを放っていました。
 
イルミネーションの季節が終わると、フランスのバカラ村の教会に展示され、そして、また、イルミネーションの季節が始まると、シャンデリアはピースごとに木箱に箱詰めされて、空輸で恵比寿ガーデンプレイスまで運ばれて、専門の職人によって数日間かけて再び組み立てられていました。
 
2014年11月からは、バカラ創設250 周年を記念し、森田恭通氏とのコラボレーションによって誕生した、高さが8.4メートル、幅が4.6メートル、重さが1.8t、クリスタルパーツは26,471ピース、ライト総数410灯の新しいシャンデリアが飾られることになりました。
 
恵比寿ガーデンプレイ ス クリスマスイルミネーション2016

恵比寿ガーデンプレイスイルミネーションの日程は?

2017年の現時点では開催期間を含む詳細は発表されていないため、17回目となる2016年の情報を掲載させていただきます。
 
開催期間:2016年11月5日(土)~2017年1月9日(月・祝)
ライトアップ時間:
・バカラシャンデリア 12:00~24:00
・クリスマスイルミネーション 16:00~24:00
会 場:恵比寿ガーデンプレイス センター広場

2014年にバカラ創設 250 周年を記念して、デザイナー森田恭通氏とのコラボレーションによって制作されたシャンデリアの展示や、クリスマスイルミネーションを中心とした広場の装飾を行い、『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』を開催しました。
 
「フランス」をテーマとした会場では「マルシェ ド ノエル」と題した山小屋風の7つのマルシェでクリスマスグッズの販売が行われました。
 
日 時:2016年11月5日(土)~12月25日(日)12:00~20:00
※2016年12月27日(火)~1月9日(月・祝)(1月1日はお休み)からは販売する商品を変更し、ニューイヤーマルシェとして営業しました。
場 所:恵比寿ガーデンプレイス 時計広場
 
マルシェでは、フランスやヨーロッパの雑貨や、ヴェルサイユ宮殿で使用されているムービングキャンドルや、フランス食材やクッキー、
クリスマスガラス細工、フランス製陶器のオーナメントやフランス発祥のプリザーブドフラワー、パリの「奇跡のメダイユ教会」のペンダントトップ「奇跡のメダイユ」などのグッズのほか、ホットワインなどの飲食メニューを販売しました。

恵比寿ガーデンプレイスイルミネーションの見どころは?

イベントの主な見どころは、何といっても、ミラーとクリスタルを組み合わせ、410個全てにLED電球を使用した、幻想的な輝きを放つ、新しいバカラシャンデリアでした。
 
イベント初日の2016年11月5日(土)には、バカラシャンデリアとイルミネーション装飾の点灯式が行われました。
 
恵比寿ゴスペル祭 2016
 
2016年12月10日(土) 13:30~18:30には、恵比寿ガーデンプレイス センター広場で、ゴスペル音楽を愛する方であれば、どなたでも参加できる、市民参加型のイベントの「恵比寿ゴスペル祭」が行われました。
 
また、ウェスティンホテル東京1階ロビーでは、2016年12月24日(土) 18:00~18:30に、高さ約5メートルのクリスマスツリーが置かれ、
暖炉やキャンドルが揺らめくヨーロピアンな空間の中、オペラ歌手とカルテット演奏のハーモニーを楽しむ、Holiday Season 2016 クリスマスロビーコンサートが行われました。

さいごに

2017年の恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションも楽しみですね。

スポンサーリンク

詳細の発表は10月に入ってからと思われますので、詳細が分かり次第、情報を更新いたします。
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

-イルミネーション
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あしかがフラワーパーク 藤の花

足利フラワーパークイルミネーションの開催期間と料金と見どころは?

「日本夜景遺産」関東三大イルミネーションのひとつ、あしかがフラワーパークのイルミネーション『光の花の庭』は、2017年で16回目の開催となります。94,000㎡という広大な園内を400万球を超えるイルミネーションで装飾し、あしかがフラワーパークでしか見られない演出を施しています。今回は、あしかがフラワーパークイルミネーションの開催期間と料金と見どころをご案内します。

東京ドームシティイルミネーション

東京ドームイルミネーションの期間と料金クリスマスイベントは?

2017年の東京ドームシティ冬のイルミネーションのタイトルは『ときめくスイーツ -光り輝くあま~い贈り物-』です。水面にキャンディが浮かぶキャンディガーデンや、約6mの高さの大きなお菓子の家や、光るアイスクリームの中に入って記念撮影できるスポットが登場し、クリスマス限定のイベントも開催されます。オープニングイベントには、橋本環奈さんをゲストに迎え、イルミネーションの点灯式が行われます。東京ドームイルミネーションの開催期間と入場料金、クリスマスイベントについてまとめました。

伊豆ぐらんぱる公園グランイルミ

伊豆ぐらんぱる公園グランイルミ3rdシーズン期間と料金と見所は?

伊豆ぐらんぱる公園で毎年行われている体験型イルミネーションの「グランイルミ~3rdシーズン~」が2017年11月から開催されます。東京ドームおよそ2個分の広大な敷地に、約600万球が高密度に敷きつめられ、煌びやかなイルミネーションの世界を演出します。イルミネーションランキング日本一の伊豆ぐらんぱる公園グランイルミ3rdシーズンの期間と料金と見どころについてご案内します。

さがみ湖イルミリオン

さがみ湖イルミリオンの開催期間と料金と見どころは?

2017年で9年目を迎える、関東最大級のイルミネーションイベント「さがみ湖イルミリオン」は、600万球を使い、見るイルミネーションから、体験型のイルミネーションに生まれ変わります。複合施設のさがみ湖リゾートプレジャーフォレストで夕方から行われる、さがみ湖イルミリオンの開催期間と料金と見どころについてご案内します。

マザー牧場イルミネーション

マザー牧場イルミネーション開催期間と料金 犬も入場できるの?

千葉県富津市にあるマザー牧場の冬のイルミネーション「キラキラファーム~まきばの星の物語~」は2017年で6回目を迎えます。マザー牧場創業55周年目の今年は、山の上に開催エリアを移し、観覧車やバンジージャンプ台などの高い場所からイルミネーションと夜景を楽しめるようにリニューアルしました。創業年数に合わせて、過去最大規模の55万球にボリュームを増やした夜のキラキラファームをお楽しみください!今回は、マザー牧場のイルミネーションの開催期間や料金、ワンちゃんも入場できるのかどうかをお伝えします。