ハロウィン

六本木ヒルズハロウィン パレードやスタンプラリーなど楽しみ方ご紹介

投稿日:2017年8月23日 更新日:

六本木ヒルズ ハロウィン

六本木ヒルズ ハロウィン

 
2017年も六本木ヒルズハロウィンパレードが行われます。

大規模なハロウィンイベントは、参加人数を把握するため、事前の申し込みが必要な場合が多いです。有料のハロウィンイベントに申し込んで、雨天で中止になっても、参加費の返金がないパターンもありますね。
 
今回ご紹介する、六本木ヒルズハロウィンパレードは、事前の申し込みは不要で参加費用も無料です。当日、直接受付に申し込めば良いので、お天気やお子様の体調を確認してから参加を決められるのでおススメです♪

スポンサーリンク

六本木ヒルズハロウィンのパレードのテーマは?

ハロウィンパレードのテーマ

毎年、六本木ヒルズやEXシアター六本木をメイン会場に、東京国際映画祭が開催されています。ハロウィンパレード当日も東京国際映画祭が開催中であることから、ここ数年の仮装テーマは映画のキャラクターになっています。
 
ハロウィンパレードのコース

先頭を歩くブラスバンドが奏でるハロウィンの音楽を聞きながら、会場となる六本木ヒルズアリーナから、約200名を1グループとして、数グループに分かれてスタートし、アリーナから六本木けやき坂通りなどの、約1kmの道のりを約25分かけて練り歩きます。パレード終了後に、参加したお子様にお菓子のプレゼントがありますよ♪
 
 
ハロウィンパレードの日時や参加方法

開催日時:2017年10月28日(土) 10:30~13:30()

参加方法:2017年10月28日(土) 9:45~13:00()
     六本木ヒルズアリーナで随時受付け
 
 
ハロウィンパレードの参加資格 

映画のキャラクターの仮装をしていれば、大人から子どもまで参加可能です。

※お子様には保護者の同伴が必要です。
(同伴者は仮装の必要はありません。)
 
 
ハロウィンパレードの参加費用

「マスターカードファストトラックパレード」以外は、無料で参加できます。
※雨天荒天の場合は中止。

「マスターカードファストトラックパレード」は、マスターカードで500円を支払った方の先着200名限定の参加枠です。パレード当日の1グループ目の先頭枠は、マスターカードユーザー限定になります。
 
特製ノベルティとお土産プレゼント付きで、雨天荒天の場合もこの先頭枠のみ、六本木ヒルズ館内にて規模を縮小してパレードを実施するというものです。

当日、雨天の場合でも、どうしても参加されたい方にはおススメです!

六本木ヒルズハロウィン2016

六本木ヒルズハロウィンのスタンプラリーの詳細は?

ハロウィンスタンプラリー
 
スタンプラリーのスタンプカードは、森タワー2Fの六本木ヒルズ総合インフォメーションで配布されています。
 
六本木ヒルズ内の対象の26店舗のうち、スタンプ枠と同じ数のお好きな店舗を回り、スタンプを押してもらうたびに各店舗で特製のお菓子やオリジナルグッズがもらえます。さらに、全てのスタンプを集めると、嬉しいプレゼントが用意されていますよ♪
 
 
日時:2017年10月21日(土)・22日(日)・28日(土)(予定)
   11:00~19:00(最終受付 18:00)(予定)
 
会場:六本木ヒルズ内の対象店舗
 
参加費:無料
 
定員:各日200名 ※先着順でプレゼントと景品はなくなり次第終了。
 
対象:12歳以下 ※保護者の同伴が必要。
 
※スタンプカードや景品の数には限りがあり、なくなり次第、終了となりますのでご注意下さいね。

スポンサーリンク

六本木ヒルズハロウィンの楽しみ方をご紹介します!

六本木ヒルズハロウィンには、パレードやスタンプラリー以外にも、有料ですが、楽しめるところがあるのでご紹介しますね (*´∀`*)
 
 
東京シティビュー
 
六本木ヒルズ森タワー52階には森アーツセンターギャラリーという美術館があります。利用される場合は、高層階への高速エレベーターですので、小さなお子様が利用する場合は、耳抜き代わりに飲み物を準備されると良いと思います。
 
美術館は観覧せずに、美術館と同じ52階にある東京シティビューという展望台のみを利用したい場合は、通常は一般の大人は1200円必要ですが、期間中、仮装をして来館すると、大人は入館料半額、お子様は無料となる仮装サービスが実施されます。
 
展開期間:2017年は未定
割引料金:中学生以下 ¥600→無料
     高校・大学生 ¥1,200→¥600
     一般¥1,800→¥900
     シニア(65 歳以上)¥1,500→¥750
※小学生以下のお子様は、保護者の同伴が必要。
 
 
六本木ヒルズの52階にある展望台、東京シティビューでは、東京を一望できるパノラマビューを楽しみながら、個々に撮影もできますし、東京タワーを背景にして、仮装グッズを利用したハロウィンバージョンステージで、プロのカメラマンによる記念写真サービスも行っています。
 
時間:10:00~20:00 (金・土・祝前日は~21:00)
料金:2,000円
場所:東京シティビュー 52F 展望回廊内
 
スカイデッキ
 
東京シティビューの料金に、4歳〜中学生までは300円、大人は500円をプラスすると、屋上のスカイデッキに行くことができます。屋上はヘリポートになっていて、遠くの景色まで360度ぐるりと見渡せるので、上ってみることをおススメします。
 
営業時間:11:00〜20:00(最終入館19:30)
 
ハロウィンメニュー
 
六本木ヒルズには、多数の飲食店が入っています。それぞれの店舗で期間限定でハロウィンメニューを展開します。ユニークでインパクトのあるハロウィンメニューを召し上がるのも楽しみの一つですね!
 
 
2016年は、少人数でしたが、有料で、アイロンビーズでハロウィンのモチーフを作るワークショップや、ハロウィン・スノードーム教室も開催されました。

さいごに

52階や屋上に上がったり、レストランを利用すると、それなりに出費がかさんでしまいますが、パレードもスタンプラリーも無料で楽しめるのは有難いですね!

素敵な秋の一日になりますように(´◡`)
 
 
【関連記事】

-ハロウィン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハロウィンの飾り付け

ハロウィンの飾り付け 子どもと一緒に作れるペーパークラフトをご紹介

ハロウィンの飾り付けは、100円ショップに行けばかわいいグッズがたくさん手に入りますが、小さなお子さんにとっては、大好きなママやパパと一緒に手作りした飾りの方が、思い入れがあって嬉しいのではないでしょうか?今回は、お子さんと一緒に、折り紙や切り紙、ペーパークラフトで作るハロウィンの飾り付けをご紹介します。

東京ドームハロウィン

東京ドームシティでおすすめはウルトラハロウィンキッズパレード!

東京ドームシティアトラクションズの前身は、1955年に誕生した後楽園ゆうえんちです。1971年に、野外ステージで、テレビで人気の「仮面ライダー2号ショー」が開催され、現在も子どもたちに大人気の戦隊シリーズイベントに受け継がれています。2003年に、名称が後楽園ゆうえんちから、東京ドームシティアトラクションズへと変更になり、仕事帰りや野球観戦のついでに、気軽に利用できる施設に生まれ変わりました。今回は、ウルトラマンとコラボしたハロウィンパレードを含めた、東京ドームシティ内にある都市型テーマパーク、東京ドームシティアトラクションズでおすすめのハロウィンイベントについてご紹介します。

サンシャインシティ水族館アシカショー

サンシャインシティハロウィンイベント水族館や展望台の楽しみ方

池袋のサンシャインシティでは、アルパやサンシャイン水族館、サンシャイン60展望台で、ハロウィンをテーマにしたイベント、「サンシャインシティ ファン ファン ハロウィン」が、2017年9月28日(木)~10月31日(火)まで開催されます。アルパ・水族館・展望台で行われる「サンシャインシティ ファン ファン ハロウィン」のイベントの内容をご案内いたします。

ハロウィンの突然の訪問とお菓子ちょうだいは迷惑ではないですか?

ハロウィンに特に興味はないので、特にごちそうを作るでもなくいつものように夕飯の支度をしているとインターホンを連打され、何やら玄関先が騒がしい。ドアを開けて見ると、見知らぬ顔の子どもたちが、「Trick or Treat!ハロウィンだから、お菓子をちょうだい!」と満面の笑みでこちらに向かって手を差し出していた。そんな経験はありませんか?

東京タワー ライトアップ

東京タワーハロウィンマッピング初開催ダイヤモンドヴェールって何?

東京タワーのハロウィンイベント「東京上空なりきりハロウィン2017」が、2017年10月6日(金)から31日(火)まで行われ、(株)ネイキッドによるハロウィンをテーマとしたプロジェクションマッピングの空間演出が初開催されます。また、東京タワーのライトアップは、ランドマークライトとダイヤモンドヴェールの2種類があり、ハロウィンの期間中はダイヤモンドヴェールを6回だけ見ることができます。今回は、東京上空なりきりハロウィン2017とプロジェクションマッピングの空間演出の内容と、ダイヤモンドヴェールについてのご案内をいたします。