お祭り

お祭り

時代祭2018の日程と見どころは?有料席情報をご紹介!

時代祭は、明治28年に始まったお祭りで、行列の衣裳や祭具を、京都の伝統工芸技術の全てを集結させて復元したことから、生きた時代絵巻とも呼ばれているんですよ。2000名もの人々が繰り広げる、時代祭2018の見どころと有料席情報をご紹介しますね!
お祭り

会津まつり2018の日程と見どころ 藩公行列のコースと順番は?

会津若松市の会津まつりは、先人への感謝と戊辰戦争で亡くなった方への鎮魂の想いを込めて、毎年9月下旬の3日間で開催されます。会津まつり2018の日程と見どころ、総勢500名が会津若松市内を練り歩く藩公行列のコースと順番ついてご紹介しますね!
お祭り

北海道の蛍の名所 沼田町ほたる祭り2018と周辺人気スポットを紹介

昔は夏の風物詩として、当たり前のように見ることのできたホタルは、都会では見られなくなりましたよね。ホタルの名所はいくつかありますが、今回は、夏休みシーズンにホタル鑑賞ができる、北海道沼田町のほたる祭り2018についてご紹介しますね。
お祭り

沼田町夜高あんどん祭り2018の見どころと屋台情報をご紹介!

沼田町夜高(ようたか)あんどん祭りは、喧嘩あんどんとも呼ばれ、相手の山車の吊りあんどんを叩き壊す、地響きがするほど迫力のあるお祭りなんですよ!今年で42回目となる沼田町夜高あんどん祭りの見どころと、周辺の人気スポットをご紹介しますね!
お祭り

北海へそ祭り2018の日程と見どころは?周辺人気スポットもご紹介

お腹に人の顔を描いて踊るユニークなへそ踊り大会の主役は、メタボと後ろ指を指されているお腹の持ち主です!歩くたびにボヨヨン!と揺れるお腹は見ている人の笑いを誘います!北海へそ祭り2018の日程と見どころと、周辺の人気スポットをご紹介します。
お祭り

函館港まつり2018の日程と見どころ いか踊りってなぁに?

北海道函館の夏のメインイベントといえば函館港まつりです。初日の夜には道南最大級の花火が打ち上げられ、ワッショイはこだてのパレードはコンテストも行われるほど盛り上がります。お祭りの日程や見どころ、楽しい「函館いか踊り」についてご紹介しますね。
お祭り

秩父夜祭2018の見どころと有料観覧席の申し込み方法は?

京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに、日本三大曳山祭りに数えられる秩父夜祭が、2017年も開催されます。「秩父祭の屋台行事と神楽」は国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年には、秩父夜祭の「山・鉾・屋台行事」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。今回は、秩父夜祭の日程とコース、見どころと有料観覧席の申し込み方法をお伝えします。
お祭り

吉祥寺秋祭り2019の見どころ 子供神輿の集合時間と縁日の場所は?

毎年9月に、武蔵野八幡宮の例大祭に合わせて吉祥寺駅周辺で行われる吉祥寺秋まつりは、2017年で45回目を迎えます。武蔵野八幡宮の例大祭は収穫感謝のお祭です。以前は、例大祭と同じく、吉祥寺秋まつりも9月15日に行われていましたが、平成4年から例大祭の前の土日開催に移行しました。今回は、吉祥寺秋まつりの町会神輿のご紹介と、子ども山車と縁日の時間と場所のご案内をいたします。
お祭り

川越まつり2018の見どころと屋台とおばけ屋敷のある場所は?

川越まつりは関東三大祭と言われているお祭で、平成17年には「川越氷川祭の山車行事」として国の重要無形民俗文化財にも指定されています。精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が、蔵造りの町並みを中心に曳行(えいこう)します。最大の見どころは、山車と山車がすれ違うときに、山車同士が正面に向き合って、笛、太鼓、鉦、の囃子と舞いを競い合い、曳き手が高々と提灯を振り上げて囃子手に声援を送る「曳っかわせ(ひっかわせ)」です。今回は2017年の川越まつりを子連れで楽しむ方法と屋台とおばけ屋敷のある場所についてご案内します。
タイトルとURLをコピーしました