子犬を飼う前に準備する物|お迎えセットは必要?

子犬を飼う前に準備する物|お迎えセットは必要? ペット

 

初めて子犬を飼うときは、何から揃えれば良いか分からず慌ててしまいますが、

A)お迎えする日から1週間以内に使うモノ
B)お迎えしてから揃えればよいモノ

に分けて考えると揃えやすいです。

今回は、A)お迎えする日から1週間以内に使うモノをご紹介しますね♪

スポンサーリンク

子犬を飼う前に準備する物|子犬のお迎えセットは必要?

子犬を飼う前に準備する物|お迎えセットは必要?

 

子犬を飼う前に準備する物をネットで検索していると、子犬のお迎えセットをよく見かけます。

ペットショップでもセットをおススメされましたが、不要なモノが入っていたり、お得になっているわけでもなかったので、我が家は単品で購入することにしました。

子犬をお迎えする日から1週間以内に使うモノは?

子犬をお迎えするその日から必要になるモノは、ペットショップから自宅まで子犬を運ぶ(1)キャリーバッグです。

水やご飯をあげればオシッコや💩をするので、(2)エサ(3)エサを食べるための器(4)水を飲むための器(5)トイレ(6)トイレシート、落ち着いて過ごすための(7)ケージやサークル、睡眠を取るための(8)ベッドも必要です。

また、子犬のうちはシャワーを浴びることができないので、濡れタオルで代用しても良いですが、(9)体拭きシートがあれば皮膚や毛を清潔に保てます。

1週間に1度を目安に爪を切るための(10)爪切りや、虫歯を作らないように(11)歯磨きロープや歯磨きシートも必要です。

実際に購入したグッズは?

購入したグッズのうち、今も問題なく使えているモノもあれば、諸事情で買い足したり、購入し直さなければならなくなったモノもあるので併せてご紹介します。

(1)キャリーバッグ

お迎え当日は、ペットショップでいただいた、ワンコお持ち帰り専用の肉球型の穴が開いた段ボールで電車で帰宅しました。後日、通販でじっくりとキャリーバッグを選んで購入しました。

(2)エサ

最初は、ペットショップと同じエサを食べさせていたのですが、通販サイトで金額を比べてみるとかなり高額なエサだったことに気づき、箱買いの安価なエサに変えました。

節約ができたと喜んでいた矢先、かかりつけの獣医さんから、もしかしたら皮膚病の原因は食物アレルギーかもしれないと言われ、獣医師推奨の【ロイヤルカナン ドッグフード アミノペプチド フォーミュラ】に変えることになりました。

大喜びで食べていたササミ&チーズもドクターストップがかかってしまいました😢

(3)エサを食べるための器

最初は水飲みとペアで、100円ショップの子ども用のお椀でエサをあげていたのですが、床と同じ高さでは食べ辛いと思い、上げ底になっている犬専用のエサ入れを購入しました。

(4)水を飲むための器


厚みのあるケージの形状を考えずに給水ボトルを購入してしまったため取り付けられず、後日、自動給水器を購入しました。給水ボトルはお出かけ用に使っているので無駄にならずに済んで良かったです。

普通に飲めるようになるまでに3ヶ月もかかった自動給水器の記事はこちらからどうぞ。

(5)トイレトレー

 

当初は💩が軟らかく、トイレトレーを洗っている最中にフローリングに💩をしてしまうというパターンが多かったので、すぐに洗い替え用にレギュラーサイズをもう一つ購入しました。3ヶ月ほど経ってから💩もオシッコもトイレまであと数センチというところで失敗することが増え、体が大きくなったのにトイレトレーが小さいままだったのが原因と気づき、同じトイレトレー(アイリスオーヤマ フチもれしにくいトレーニングペットトレー)のワイドサイズを購入しました。


レギュラーサイズもワイドサイズもとても使いやすいのですが、本体とフタを固定させるバックルを犬が噛みまくるので、現在はバックルを外してゴムひもで固定しています。

(6)トイレシート


このトイレシートは大容量なので助かっていますが、薄型のせいか、大量のオシッコをしたあとはシートの裏側まで濡れていることがあるので、次回は厚手のシートを試そうと思っています。

(7)ケージやサークル

金属製のケージは錆びると聞いたので木製ケージを購入しました。

木に厚みがあったので、給水ボトルを取り付けることが出来ませんでした。

長らく寝食を共にしたケージですが、大きくなった今も木をカジりまくって尖った木くずを食べるので、現在はリードで繋いで、どうしてもというとき以外はケージは使っていません。

(8)ベッド

最初に買った茶色いベッドは、あごを乗せることが出来て広々としているので犬のお気に入りなのですが、ファスナーが背中の目立つ位置にあるのと、ケージの半分のスペースを占めてしまうので、一回り小さい青いベッドを購入しました。

青いベッドは窮屈そうですが、あご乗せもあるしファスナーが犬に見つかりにくい位置にあるので安心して使っています。

(9)体拭きシート

(10)爪切り

小さい頃は大人しく爪を切らせてくれたのですが、一度深爪をしてから嫌がって暴れるようになったため、電動の爪やすりを購入したのですがこちらも嫌がるのでずっと獣医さんに切ってもらっていました。

この頃は爪切りを見ても怖がらなくなったので、試しに1本切ろうとしたところ、爪が厚くなっていてこの爪切りでは切れなくなっていました。

人間用の爪切りで切りましたが、パチン!という音が嫌だったようで2本目は切らせてもらえなかったので、まだ、獣医さんに爪切り(500円)をお願いすることになりそうです。

(11)歯磨きロープ/歯磨きシート


歯磨きロープはオモチャと認識しているので、主に歯磨きシートで歯を拭いていたのですが、最近は軍手タイプと柄が軟らかい歯ブラシがお気に入りです。

まとめ

子犬の成長にあわせて、必要なグッズも変化していきますね。次回は子犬をお迎えしてから揃えればよいモノのうち、実際に購入したモノをご紹介します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました