犬の避妊手術後の様子と術後服のエリザベスウエアをご紹介♪

犬の避妊手術後の様子と術後服のエリザベスウエアをご紹介♪ ペット

犬の避妊手術後の様子と術後服のエリザベスウエアをご紹介♪

 

獣医さんに、愛犬なこ(フレンチブルドッグの女の子)の避妊手術の相談をしたところ、手術に一番適している月齢は、最初の生理がくる前の生後6ヶ月くらいで、6ヶ月を過ぎると脂肪がつきやすくなって手術のリスクが高まるとのことでした。

なこは完全室内飼育なので、現在の環境であれば妊娠の心配はないのですが、いつ災害が起きてどのような環境に身を置くことになるか分からないし、将来、子宮蓄膿症などの病気で重篤な状態になるリスクを考えて、避妊手術をお願いすることにしました。

なこの避妊手術後の様子と、おススメの術後服【エリザベスウエア】をご紹介しますね♪

スポンサーリンク

避妊手術前後の流れ

手術前日の食事は21:00頃に済ませ、当日の朝から絶食でした。

11:00頃になこを動物病院に連れて行き、血液検査とレントゲン撮影後、異常がなかったので午後から避妊手術が始まりました。

1時間ほどで手術が無事終了したことと、麻酔が切れても痛がっていないことを電話で教えていただきホッとしました。

翌朝9:00になこを引き取りに行き、お薬と摘出した小さな子宮と卵巣を受け取りました。

避妊手術後の自宅での様子

手術翌日なのに元気モリモリ!

獣医さんに、傷口を舐めるようならエリザベスカラーを装着する必要があるけれど、そのほかはいつも通り過ごして良いと説明されました。

事前にほかのワンちゃんの術後の様子を調べたところ、

・熱が出た
・傷口が痛くてほとんど寝ていた
・痛みで排尿や排便がスムーズにできなかった

などと書かれていたので、なこも回復するまでに数日かかるものと思っていましたが、帰宅してキャリーバックから出すと、何事もなかったかのように普通にトコトコと足早に歩いて、家族の顔を見て嬉しそうに尻尾を超高速でブンブン振って抱っこをせがんだり、おもちゃを噛んで遠くにポーンと飛ばして遊んだりと、術後とは思えないほど元気でした🐾

エリザベスカラーの代わりになるエリザベスウエア

 

傷口が開いてしまうんじゃないかと心配になるくらい元気なので、少しでも安静にさせようとケージに入れると「外に出してぇ~!!!」と吠えながらジャンプを繰り返したり、木製ケージをガリガリカジって木くずを食べようとするので、結局、部屋の中を自由に歩かせることにしました(-_-;)

獣医さんから、傷口を舐めさせないように!と言われているので、最初は購入済みのエリザベスカラーを装着しようと考えていたのですが、首元が柔らかい作りのため自由自在に好きなモノを好きなだけ舐めたり噛んだりできるので、サイズの大きなエリザベスカラーを購入するほかに良いグッズはないかと調べたところ、エリザベスウエアに辿り着きました。

エリザベスウエアのおススメポイントは?

犬種によって体型が違い、オスとメスでは排尿の場所が違うので、エリザベスウエアには、犬種別・オスメス別のデザインがあり、色は、男の子はブルーで女の子はピンクです。

伸縮性の高い柔らかい布地でできていて、背中が大きく開いていてマジックテープで調節ができるので、着せたり脱がせたりがとても楽です。

サイズは3種類(犬種によっては5種類)から選べますが、なこの場合は採寸が上手くできなかったため、大は小を兼ねるという安易な考えで一番大きなLサイズを選んでしまいました。

ブカブカなので面テープを貼ってウエスト部分の調節はできましたが、オシッコをする度にウエアの股の部分が濡れてしまい洗濯が忙しくなりました。

エリザベスカラーは、噛み癖がひどいので購入したのですが、透明でもモノとモノの間を通り抜けるのが大変だったり、壁にぶつかったり、寝苦しそうにしていたので、術後にエリザベスカラーを装着するのは可哀想な気がしていました。

エリザベスウエアなら傷口を舐めることもなく、エリザベスカラーのように鬱陶しくないので快適に使えています。

エリザベスウエアの洗い替えはコレ!

 

獣医さんは、傷口を舐めなければそのままでも良いとおっしゃっていましたが、何かの拍子に絆創膏がベリッと剥がれてしまうと怖いので、オシッコで濡れたウエアが乾くまでの間は、人間用のヘアーバンドを腹巻のようにお腹に巻いていました。

お尻をプリプリ振って歩いているうちにヘアーバンドがお尻側に移動してしまうので、ヘアーバンドを2本にしてみましたが縫い合わせた部分がちょっとキツそうなので、1本に戻してときどき傷口が隠れているかをチェックすることにしました。

まとめ

おケチな私は、エリザベスウエアを購入してから、アレ?普通の犬服でも良かったんじゃないかな?と思ってしまったのですが、なこは今回たまたま元気だったものの、術後にぐったりしている犬に普通の服を着せるのは負担が大きいので、伸縮性が高く着脱が楽なエリザベスウエアはやはりおススメです!

なこは皮膚病の痒みでしょっちゅう後ろ足で全身を掻いたり甘噛みするので、手術の傷が治ってからも皮膚を保護するためにエリザベスウエアを愛用します(⋈◍>◡<◍)。✧♡

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました