履歴書の本人希望記入欄に特になしと書くのがNGなら何を書くの?

本人希望記入欄に特になしと書くのはNG! 仕事/アフィリエイト
本人希望記入欄に特になしと書くのはNG!
本人希望記入欄に特になしと書くのはNG!  
 
あなたは履歴書の本人希望記入欄はどのように書いていますか?

実際には色々と希望はあるけど、どこまで書いていいのか迷ってしまいますよね。

希望を書かない場合は、空欄のままや「特になし」と書くのはNGと聞き、「どうすりゃいいの~?」と困ってしまった経験はありませんか?

履歴書の本人希望記入欄の正しい書き方についてまとめました。

スポンサーリンク

履歴書の本人希望記入欄の空欄や特になしがNGな理由とは?

履歴書の志望動機欄や職歴欄は記入すべき内容がはっきりしているのですが、本人希望記入欄はフリースペースなので、どのように書いたらよいか分からずに入力する手が止まりやすい場所ですよね。

また、履歴書の本人希望記入欄は、間違った書き方をすると企業の採用担当者の印象を悪くしてしまう可能性があるので要注意な場所でもあるのです。
 
 
履歴書作成ツールの本人希望記入欄のフォーマットには、「特に給料・職種・勤務時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入」と書いてあるので、単細胞な私は、希望する勤務時間と勤務地を記入したことがあります。

その後、履歴書の本人希望欄に高い給与額や自宅から近い勤務地を書くなど、自分にメリットのある希望ばかりをに書き連ねるのはマナー違反だということを知りました。
 
 
私は数年前から、何回か転職をしていて、履歴書の本人希望記入欄に希望を書いたせいで不採用になっては困るので、空欄にしたまま面接を受けていたのですが、最近になって、履歴書の本人希望記入欄が空欄のままだったり、「特になし」と書いてしまうと、企業に対して興味や意欲がない人なのだと受け取られて、イメージダウンになるということを知りました。

「えええ~~~!」と驚いて、慌てて調べてみると、履歴書の本人希望記入欄に書くことがない場合は、「貴社規定に準じます」または、「貴社の規定に従います」と記入しましょう!と複数のサイトに書いてありました。
 
 
「履歴書の本人希望記入欄に書くことがない場合は」と記載されてはいるのですが、実は、本人希望記入欄は、本人の希望をそのまま書く場所ではないのです!

「えっ?じゃあ何を書く場所なのよ~~~」と思いますよね!?

それでは、本人希望記入欄には何をどのように書けばよいのかを見ていきましょう。

履歴書の本人希望記入欄には何を書くの?

履歴書の本人希望欄に書く項目は、
 
・働く時間に制限があるなど、どうしても譲れない条件を記載する
 
・同じ会社の募集で複数の職種がある場合は職種を記載
 
・同じ会社の募集で複数の勤務地がある場合は勤務地を記載
 
・電話に出られない時間帯を避けて、企業からの連絡の希望時間帯を記載する
 
・転職の場合は、入社可能日を記載する
 
以上のような場合に限られますので、企業から指定された内容以外は極力書かないようにするのがベストです。
 
本人希望欄に、希望年収額や、募集内容に複数の勤務地があるわけではないのに希望する勤務地などを書いてしまうと、企業からは「この条件じゃないと入社したくないということね」と判断されてしまうので、待遇面や労働条件に関する細かい交渉は、履歴書には書かずに内定後に交渉するようにしましょう。

まとめ

本人希望記入欄は、就職の際に、複数の職種や勤務地がある場合は希望職種や希望勤務地を、転職の場合は出社可能日などを記入して企業側に伝えるための項目です。

この希望を満たすことができなければ入社を辞退するといった、必要最低限の条件のみを書く欄なので、自由に希望を書いてしまうと採用に不利となってしまいます。「貴社の規定に従います」と記入するのが安全なのですね^^;
 
 
【関連記事】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました